iphone7の画面をパソコンに表示させて録画する方法

その他

iphone7でプレイしているスマホゲームの映像をYoutubeでアップしようと思ったのですが。

動画の編集をするなら、iphone7の画面をパソコンに表示させて、パソコンから録画する方が手間がかからなさそうな気がしたので、やり方がないか調べてみることにしました。

Apowersoftから無料で提供されている「iPhone/iPad録画究極」というツールを使うことで解決できましたので、やり方の手順や使ってみた感想などをご紹介します。

※僕が行った接続環境は、windows7のパソコンと、iphone7(iOS12.0.1)となります。

スポンサーリンク

iPhone/iPad録画究極をダウンロードする

Apowersoftの以下のページから、iPhone/iPad録画究極をダウンロードできます。

iPad/iPhone画面録画ソフト
iPadやiPhoneなどのiOS端末の画面を簡単に録画してくれるソフトです。このiPad/iPhone録画究極では、端末内の動画や音楽をコンピュータから視聴できます。

スマホではなく、パソコンにインストールして使うものです。

iPhone/iPad録画究極を起動させる

オンライン版とデスクトップ版があり、今回オンライン版の手順をご紹介します。

iPhone/iPad録画究極

1.パソコンから【オンライン版を起動】をクリック→【起動ツールをダウンロード】をクリック。

起動ツールをダウンロード

2.ファイルがダウンロードされますので、画面の指示に従ってインストールしてください。

セットアップ完了

3.再度サイトに戻って、【オンライン版を起動】をクリックします。

4.プログラムを起動する際にポップアップが表示されましたら、【Apowersoft online Launcher】をクリックしてから、【リンクを開く】をクリック。

プログラムを起動のポップアップ

セキュリティソフトなどで、セキュリティの警告に関するポップアップが出た場合は、「アクセスを許可する」をクリックしてください。

5.アプリケーションが開けば完了です。

iPhone/iPad録画究極が立ち上がる

iPhone/iPad録画究極でパソコン画面を表示させる

1.iPhoneとパソコンを同じWi-Fiに接続します。

2.iPhoneのコントロールセンターから、白い電波マークをタップ。

iPhoneのコントロールセンター

次の画面で【Apowersoft】を選択します。

Apowersoftをタップ

ちなみにコントロールセンターは、画面を下から上にスワイプすることで表示されます。

3.コントロールセンターに戻ると、青い電波マークに変わります。

コントロールセンターの【画面ミラーリング】をタップ。

コントロールセンター

次の画面で【Apowersoft】を選択します。

画面ミラーリングの設定

これでパソコンのiPhone/iPad録画究極のアプリケーションに、スマホの画面が表示されます。

iPhone/iPad録画究極にスマホ映像

iPhone/iPad録画究極でパソコンから録画する

録画の方法は簡単で、画面上をタップすると左上に赤丸のボタンが表示されますので、そちらをクリックするだけです。

録画ボタン

録画を終了させると、撮影した動画が格納されているフォルダが開きます。

その他のメニューは以下の通りです。

その他のメニュー

①録画開始

②スクリーンショットを撮影する

③録画した動画が入っているフォルダを開く

④スマホとのミラーリングを終了する

ミラーリングを終了すると、iPhone側でもミラーリング設定が解除されます。

再度パソコンでiPhoneの画面をミラーリングさせたい場合は、上で紹介している【iPhone/iPad録画究極でパソコン画面を表示させる】の手順で設定してください。

画面を縦にするとパソコンでも縦に表示され、横にするとパソコンでも横に表示されます。

パソコンの画面内をフルサイズで表示できますが、反対に縮小はデフォルトでの表示以外は縮小できませんでした。

右上にメニューがあり、以下のようなことができます。

右上のメニュー

①オプションやチュートリアルのメニュー

②画面へのフルサイズまたは縮小表示

③画面のトップ表示

④画面から消してタスクバーに格納

⑤画面へのフルサイズまたは縮小表示

⑥iPhone/iPad録画究極を終了する

上で紹介した①からオプションをクリックすると、環境や録画の設定が行えます。

環境設定

フルスクリーン表示や、画質の変更から、動画形式、動画画質などの設定ができます。

動画形式は、MP4をはじめ、WMV、AVI、MOV、FLV、MPEG、VOB、ASF、TS、GIFが用意されています。

iPhone/iPad録画究極を使った感想

録画するのはボタンを押すだけなので、かなり使い勝手はいいと思いました。

ただ気になったのは、ミラーリングしたスマホでゲームをプレイした動画を確認すると、カクカクと映像にラグが生じていました。

ちなみに、iPhoneがiOS 11以上以上だとコントロールセンターから、画面を直接録画できる機能があり、iPhone/iPad録画究極で録画したものとで、比較してみると…。

iPhone/iPad録画究極とスマホからの録画での映像比較

iPhone/iPad録画究極の方は、ラグが生じているのがわかると思います。

音声を入れるのを忘れていて、再度数分ほど録画をして確認してみましたが、音は飛んでいませんでした。

ただラグが出ているわけなので、長時間プレイしていれば、音もどこかで飛ぶ可能性は高いのかなとは思います。

解像度が高く、アクション性の高いゲームだと、ラグや音トビが生じやすそうですね。

もしラグが気になる方は、wifi接続よりも高速データ通信が可能になる、USBのテザリング(スマホをパソコン経由でインターネットに接続)を試してみては如何でしょうか。

実際にラグがなくなったという声もありましたので、僕も設定を試してみたのですが、接続ができず断念しました。

詳しい方は、チャレンジしてみる価値はあるかもしれませんよ。

まとめ

iPhone/iPad録画究極は使いやすく、録画した映像に多少ラグはありますが、これはアプリのせいではなく環境によるものなので、状況に合わせて使い分けようかなと思いました。

タイトルとURLをコピーしました