【天地の如く】古の玉座争奪戦(鯖戦)がスタート!攻略のポイントは?

天地の如く スマホゲーム情報

7月22日(月)より「古の玉座争奪戦」というイベントが開催されます。

いわゆる鯖戦で、今回は#1と#2サーバーの連盟同士での戦いとなるようです。

他のサーバーの連盟との争奪戦となれば、また新鮮味があって面白そうなので、期待したいですね。

そこで古の玉座争奪戦の流れについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

古の玉座争奪戦とは?

サーバー同士でマッチングされた2つの連盟が専用マップで、建築物の争奪戦を行います。

連盟から最大で50名のメンバーを派遣することができ、派遣するメンバーは虎牢関と同様に全部隊が帰還して、負傷兵がいない状態でしか戦場に入ることはできません。

マップには、以下の建築物が配置されていて、占領することでポイントを獲得し、1時間以内により多くのポイントを集めた連盟が勝利です。

建築物アクション勢力ポイント個人ポイント
王の玉座占領維持200/分20/分
聖帝の宮殿

悪神の社

占領維持150/分15/分
要塞占領維持80/分8/分
医館

太古帝陵

攻防塔

占領維持30/分3/分
転送陣占領維持20/分2/分
資源鉱石占領維持20/分2/分
すべての建築撃滅させる10000戦力を撃滅するごとに1ポイント

※公式サイトの情報を引用

各建築物を占領することによるメリット

一部の建設物は、占領することで以下のような効果が付与されます。

建築物効果
医館占領後に戦場内の負傷兵の回復速度が100%アップします。
太古帝陵占領後に先帝の試練軍隊が出陣して、相手勢力のメンバーに攻撃します。
攻防塔占領後に10%の攻撃付与値と10%の防御付与値が付与されます。
転送陣占領後に無料で転送ゲートを中心とした転送地域に転送できます。

ただし連盟全体で共有している移送回数は消費されます。

攻略のポイントは?

争奪戦の時間は1時間しかありません。

専用マップの中央に配置されている「王の玉座」がもっともポイントを獲得できるため、先に争奪して占領を維持し続けた方が有利になります。

争奪戦での建築物争奪の流れとしましては、以下のように争奪するのがベストのようです。

転送陣を攻撃

王の玉座を占領

その他の建築物を占領

鉱石を収集

役割分担が重要で、連盟内で強いメンバーは集結して「王の玉座」を占領、その他のメンバーは「王の玉座」以外の各建築物へ。

そして戦力的に低いメンバーは、資源鉱石を収集していく。

この役割分担をしっかりと行えた方が、最終的に勝利につながっていくのかなと思いました。

古の玉座争奪戦で獲得できる報酬について

連盟が勝利すると、連盟全体の報酬となりますので、参加していなくても報酬は獲得できると思います。

その他に、古の玉座争奪戦に参加された方で、建築物を占領したり、鉱石を収集することで、個人ポイントを報酬として獲得できます。

実際に古の玉座争奪戦が開始されましたら、新たな情報については追記していきたいと思います。

まとめ

個人的には、国の保護終了まで2週間ほどあることから、鯖戦はもう少し後なのかなと思っていたので、ちょっとビックリですね。

#1サーバーに関しては、現時点での勢力図は一強の状態で、やられた連盟は引退者が続出して、かなりアクティブユーザーも減っています。

勝手な想像ですが、城30になってやることがなくなってきた重課金者へ配慮しての鯖戦スタートなのかなとも思いました。

タイトルとURLをコピーしました